山口健太のブログ

仕事の合間に世界を旅しています。

西女満別駅から女満別空港まで歩いてみた

2017年4月上旬、網走から女満別空港へ向かうにあたって、「最寄り駅」である西女満別駅から歩いてみました。

UA国内線4レグの旅からの帰り道、女満別空港を訪れたときの話。女満別空港の最寄り駅は西女満別駅とされているものの、交通の便は悪く、ほとんどの利用客から無視されているようです。

通常であれば、網走駅などとの間で走る空港バスを利用するのがオーソドックスなアクセス方法。しかしここはおもむろに網走駅で450円の切符を購入。8時44分の各駅停車北見行きに乗り込み、西女満別駅を目指します。ちょっとどうやって降りたらいいのか分からない電車でしたが、運転手さんに切符を渡せばOK。

↑網走駅に停車中の各駅停車。

↑2両編成。いかにも観光客という人はいなかった。 

↑西女満別駅で降り、乗ってきた電車を見送る。

↑他に乗客は誰も降りなかった。電車が行ってしまうとひとりぼっちになり、緊張感が高まる。

↑ホーム脇には小さな駅舎が。

↑内部は綺麗に掃除されていた。

↑駅ノート。2016年8月に現在のノートになっていた。

↑2014年には地元のイベントも開催されていたようだ。

ひとまず近くを走る舗装された道まで出ることに。木立の間を抜ける、50メートルほどの未舗装の道を歩きます。4月上旬で雪は溶けていましたが、雪が残っていると厄介かも。

↑未舗装の道を数十メートルほど歩く。すぐに人家が見えてくる。

↑日中なら農作業をしている人もいるので、秘境駅という感じではない。

分かれ道には地図が掲示されており、北から時計回りに歩く道を推奨しています。一方、Google先生は南周りのルートを提示してきます。ただ、ストリートビューで見るとGoogleの地図はちょっと古いようです。ここでは地元の地図に従うことにしました。

↑Googleマップの地図が古いようなので地元のおすすめに従う。

↑右折するポイントには「空港」という標識が用意されており初心者も安心。

↑2回曲がって空港へ。

↑跨線橋で鉄道の線路を超えると、いよいよ空港が見えてくる。

↑写真を撮りながら歩いても30分程度で到着した。

距離的には雪さえなければ問題なし。どちらかというと、飛行機の時間にちょうどよいタイミングの西女満別駅に止まる電車を探すことのほうが、難しいのではないでしょうか。